夏に辛い物が食べたくなるのは何故?辛い料理の効能

汗をかいて身体を冷やそう

おすすめリンク

無意識に辛い物を求めている

他の時期に比べて夏は辛い物を食べますし、飲食店でも辛い料理をたくさん売り出しています。
その理由は、辛い物を食べると汗をかくからです。
そして人間は汗をかき、身体を冷やそうと考えています。
ですが汗をかいてそのままにしていると身体が冷えすぎて風邪を引いたり、不快な臭いの原因になったりしてしまいます。
汗をかいたら服を取り替えたり、きちんと汗を拭いたりしてください。
さらに夏は暑さのせいで、食欲が低下する時期でもあります。
唐辛子には食欲を増進する効果があり、自然と身体が辛い物を求めていると言われています。

スパイスを使った料理を提供しているお店を、この機会に調べても良いですね。
夏は特にそのようなメニューが増え、これまでに食べたことがない料理や味に出会えるかもしれません。
口コミを聞いて、おすすめの飲食店を探しましょう。
最近は激辛ブームで、かなり辛い料理を提供するお店が増えています。
そのようなお店に行く際は、事前にどのくらいの辛さなのか調べましょう。
自分でも食べることができる辛さだと判断できたら、お店に行っても大丈夫です。

自分で、辛い物を作っても良いと思います。
スパイス料理は難しいと感じる人が多いですが、無理にスパイスを使い分ける必要はありません。
味噌汁に七味唐辛子を入れるだけでも辛くなり、発汗作用を期待できます。
さらに七味唐辛子で身体を温めると、新陳代謝の促進も期待できます。
それは、ダイエットや美肌に効果的です。